The wildcat of a wilderness
Wildcat blosxom
Click here to visit our sponsor.
UI:Login    カテゴリー [Game - EverQuest2 - 告知]
ほいっと、第肆弾

EQ2Interface : Mook Login w/ Saved Password & Autoplay : Mook Login w/ Saved Password & Autoplay

これは、パッチャー(ランチパッド)を使わない方法で起動した場合
要するにEverQuest2.exeから起動した場合のみキャラクターのセレクトシーンを飛ばしてくれるUI

ランチパッドも初回だけキャラクターが選べるようになってますが、頻繁にaltに変えて生産する時とか、ものを移動する時とかとても便利です
キャラクターごとの背景やキャラクターの容姿など読み込まなくて良いからです

ただし、 をあらかじめ明記せねばならず、8キャラまでしか登録出来ません
テストサーバやPvPサーバ、または他の国のサーバに登録している場合など足りないかも知れません
パスワードは入力しておかなければ、毎回打ち込むことで使えます(セキュリティ的に気になる人はそのように使いましょう)

書きこむファイルはUIファイルそのもののeq2ui_loginscene.xml
3行目の
<Page alwaysontop="true" BackgroundOpacity="0.475" IgnoreTab="false" Name="LSUsernamePassword" OnShow="WindowPage.Password.Text=??????????
??????????の部分

名前とサーバは8行目から一行ごとに1キャラずつで
<Button LocalText="name" LocalTooltip="Sebilis" Location="5,100" Name="Char1" OnPress="Parent.AutoplayChar.Text=(LocalText) Parent.AutoplayWorld.Text=(LocalToolTip)" ScrollExtent="85,35" Size="85,35" Style="/ButtonStyles.text_button_default"></Button>nameの部分とSebilisの部分です

これはボタンの一個目、つまり一キャラ目のものです。それ以降書式は同じでボタンの位置と名前が違うだけであとは一緒です

少々最初だけ面倒ですが、設定してしまえば楽です
是非お試しあれ
[2007 11 16(Fri) posted at 19:33] [レス(0)] [編集]
 
TrackBack
   NO TrackBack
 
 
Comment
   NO Comment
 
Comment form
  • URL/Emailは記入すると公開されます。
  • コメント内のタグは<p>,<br>以外は実体参照に変換されます。
  • その他の項目内のタグは実体参照に変換されます。
  • URLとおぼしき文字列はリンクに変換されます。誤動作を回避するため、半角の空白で一旦区切ることを推奨します。




(任意)


(任意)





[wikieditish.xcg] [returns to the top.]